ネットショップ立ち上げに必要なもの:クレジットカード決済システム

公開日: 

いざ古物商ビジネスを展開するネットショップを立ち上げよう!と考えた場合、気になるのが「決済システムはどうすればいいの?」という疑問ではないでしょうか。
ネットで買い物をするときは、銀行振込や代金引き換え、クレジットカード決済などから選ぶことが可能ですよね。
今やネットショッピングは超一般的。Amazonや楽天などを利用して、普段からクレジットカード決済で買い物をしている、という方も多いと思います。
 
 
簡単に買い物ができるだけでなく、ポイントが溜まるというおまけもあるため、クレジットカード決済ができるネットショップの方が選ばれやすいお店といえます。
クレジットカード決済ができないだけで「面倒だから他の店にしよう……」とお客様が去っていってしまってはもったいないですよね。
ネットショップを立ち上げる際はクレジットカード決済システムを導入する方が断然有利!
 
 
じゃぁ、どうやってクレジットカード決済システムを導入すればいいの?
最近ではコンビニでもクレジットカード決済用の器械が売っているほど浸透しているため、意外と手軽に導入できちゃいます。
自分のネットショップに合った決済システムを選び、導入してくださいね。
 
 
■ネットショップに最適!クレジットカード決済システム3選
 
1:Smart International Services

グローバルなネットショップを運営したい場合におすすめ。海外向けへの販売が可能で、通貨(USドル・日本円・ユーロ)も選択可能です。無料でホームページを作ってくれるサービスや、有料ですがショッピングカートを作成してくれるサービスもあり、初心者でも安心です。

 

2:Pay Pal

ペイパルは売り手にクレジットカード情報をいっさい伝えないシステムがすごいところ。ネットショップ側に個人情報を教えたくない、というお客様にも安心して購入してもらえるシステムですから、他のクレジットカード決済システムを導入した上でこちらも加える、というのも賢い方法ですね。

 

3:ZEUS

ゼウスはスマホでの決済も可能なところが魅力。クレジットカードの有効期限を自動で更新してくれるシステムもあり、20社以上のカード会社に対応しているところも便利です。ちなみに、「楽天Edy」「ちょコムeマネー」にまで対応している優れものです。

 

いかがでしたか。

クレジットカード決済を導入するのは難しいのでは?と考えていたあなたも、これなら経費もかからず簡単に使えるかも!というサービスに出逢えたのではないでしょうか。まずはノーマルなものから導入し、知識や経験が増えてきたところでスマホやコンビニ決済などの機能もプラスしていく、という戦略もアリ。ここでとり上げた3社以外にもたくさんの決済システムサービスがありますので、ぜひ目的に合わせて探してみてくださいね。

できそうなところから1つずつこなしていくのが個人事業の攻略法です。やってみると、次の道が見えてきますよ。
 
 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn