せどりでも古物商許可は必須です

公開日:  最終更新日:2017/02/10

●そもそもせどりとは何か
旧来、中古書籍等を安価で購入し、それを転売することで利益を上げる業のことを主にさしていますが、現在では書籍だけでなく電化製品、CD、DVDなど商品のジャンルは広がっています。

●せどりに古物商許可が必要なわけ
古物営業法により古物とは、
① 一度使用された物品
(知人が使用していた自転車を1000円で売ってもらったものなど)
② 使用されていない物品でも使用のために取引されたもの
(知人が使おうと思って買っていた自転車を未使用のまま1000円で売ってもらったものなど)
③ ①や②に修理や加工を加えたもの
(①や②に例えば、新たにライトを取り付ける加工を加えたものなど)
と定義されています。

そして、その古物を売買・交換し、又は委託を受けて売買・交換する営業を行う場合、古物営業法に基づく許可が必要となります。

よって、中古本などを購入し、転売するという行為は、古物商許可が必要な取引の対象となります。

●新品を扱うなら必要ないのではないか?
新品を仕入れて転売する場合(古物ではないものの転売の場合)、古物商許可が必要な取引の対象ではないケースはあります。しかし、新品だけでなく中古品も扱う店舗からの購入、転売の場合、取り扱おうとしている商品が古物ではないと一概に言い切れません。

よって、新品のみを販売している小売店からの仕入れのみという場合以外は、古物商許可の必要な取引であると認識していただき、古物商の許可を取得されることを強くお勧めします。

●インターネット上ではせどりには古物商許可が不要と言われているが………
例外的に古物商許可が不要な取引も中にはあるかと思います。しかし、上記のような状況の場合、確実に古物商許可は必要になります。インターネット上には地域差などと記載されているケースが目につきますが、あくまで古物営業法という法律に基づく運用ですので、そこ(古物商許可が必要か否か)について地域差があることはありません。

尚、摘発されている事例はほとんどないとはいえ、古物商許可が必要な取引を無許可で行うことは違法行為となり、厳罰に処されます。(古物営業法の無許可営業の場合、3年以下の懲役または、100万円以下の罰金刑)

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn