ヤフーオークションへの出品にも古物商許可が必要?

公開日:  最終更新日:2017/02/10

取引の形態によります。

まず古物について理解いただく必要があります。古物営業法における古物とは、以下のように定義されています。

① 一度使用された物品
知人が使用していたパソコンを10000円で売ってもらった等
② 使用されていない物品でも使用のために取引されたもの
知人が使おうと思って買っていたパソコンを未使用のまま10000円で売ってもらった等
③ ①や②に修理や加工を加えたもの
①や②に例えば、ハードディスクを増設した等

これらを基本的に古物と呼び、その売買には許可が必要ですよというのが古物営業法の趣旨の一部です。

そして、その売買に関して許可を必要としない例外、「古物商許可が不要」なケースを挙げてみます。

① 自分が使っていたが、不要になったので処分したい古物の販売には許可が不要です。ただし、注意が必要なのは、最初から転売目的で購入した物の場合は許可が必要となります。
② 無償で譲り受けた古物の販売には許可が不要です。盗品流通を防ぐという趣旨の法律ですので、対価が発生しない限り、その取引に許可は不要となります。
③ 小売店などで購入した新品の転売には許可が不要です。ただし、中古品も交じって販売しているリサイクルショップや、ショッピングサイトからの仕入れは、新品であることの確証がないことから、許可が必要なものと考えられます。
④ 自分が海外で買ってきた古物の販売には許可が不要です。②の趣旨と重複しますが、法律が国内での盗品流通抑止が目的ですので、この取引には関係してきません。
⑤ 業として古物を販売しない場合には許可が不要です。営利目的ではなく、継続的ではない偶発的な取引の場合、古物商の許可は不要です。

以上の古物商許可が不要なケースに該当しない取引を検討されている場合、当然のことながらヤフーオークションであっても古物商許可が必要となります。

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn