「新品」の販売にも古物商許可が必要なケース

公開日:  最終更新日:2017/02/10

まず、古物について触れてみたいと思います。

古物とは、古物営業法第2条では、
「この法律において『古物』とは、一度使用された物品若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。」
と規定されています。

条文に明示されていますが、一度使用されたものだけではなく、「使用されない物品で使用のために取引されたもの」についても古物営業法では、古物として扱われ、一部例外を除いて、その売買には、古物商の許可が必要になります。

例えば、友人が使用しようと思って買った新品の自転車を買い取り販売する場合、許可が必要な売買となります。

他方、新品のみを扱う小売店等からの仕入れた商品を販売する場合、許可が不要な売買となります。

しかし、注意が必要なのは、「新品のみを扱う小売店等からの仕入れ」という点です。

例えば、近所のリサイクルショップで新品として販売されている商品を購入し販売する場合、リサイクルショップは、新品だけの扱いではありませんので、許可が不要な売買には当たらないことは、言うまでもないと思います。

もう1点、要注意なのは、アマゾンマーケットプレイスやヤフーオークションなどで販売されている新品を購入し販売する場合についてです。

これらの媒体は、基本的に中古品を扱う媒体と言えます。

出品者が新品のみを提供している明確な根拠もなく、新品と表記されていてもそうである保証もないため、許可が不要な売買に当たらない可能性が高く、このようなサイトを利用した仕入れを行う際には、古物商許可を取得されておくことを強くお勧めします。

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn