よくあるかもしれない質問:「古物商って何?オークションと違うの?」

公開日: 

みなさんは「古物商」とは何か、ご存知ですか?
「これから始めたい!」と考えている人や「実際に営んでいるよ」という人にとっては常識かもしれませんが、「収入をUPさせるために副業をしたいなぁ、どんな方法があるかな?」とネットサーフィンをしている人や将来独立開業するための情報収集をしている人にとっては聞き慣れないワードかもしれませんね。
そこで今回は「古物商ってそもそも何?」という基本的な疑問についてお答えしたいと思います。
 
 
■「古物商」って何?
古物商とは、その名の通り、「古物(中古品)を売買する人や業者」のこと。もう少し詳しく言うと「古物営業法」という法律に規定されている古物(後ほどご説明します!)を、販売目的で売買または交換する業者・個人のことです。
身近な例で言えば、自動車やパソコンなどの中古販売店や古本屋、金券ショップや古着屋などのリサイクルショップも古物商の1つ。多くの人が日常的に利用している業者ですよね。
 
 
■何が「古物」と判定されるの?
古物商は「古物」を扱う業者であることをご紹介しましたが、「それじゃぁ、古物ってどこからどこまでなの?」という声が聞こえてきそうですね。実は、古物とは、「一度使用された物品、もししくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたもの」のことをいい、古物営業法第二条の中で次の13品目に分類されています。
 
(1)美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
(2)衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
(3)時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)
(4)自動車(その部分品を含む。)
(5)自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む。)
(6)自転車類(その部分品を含む。)
(7)写真機類(写真機、光学器等)
(8)事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
(9)機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
(10)道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)
(11)皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
(12)書籍
(13)金券類(商品券、乗車券及び郵便切手並びに古物営業法施行令 (平成七年政令第三百二十六号)第一条 各号に規定する証票その他の物をいう。)
 
 
■古物を売買するには手続きが必要?
上記の古物を販売する「古物商」になりたい!と考えた場合、事業を始める前に古物商の許可申請を行い、許可を得ることが必要です。実はこれが意外と厄介。沢山の書類が必要で、処理も煩雑なのです……。人によっても、状況によっても必要な書類や記入しなければならない項目も異なりますので、初心者の場合は誰かに相談しながら行うのが効率的。わからないことがある場合はお気軽にご相談くださいね。
 
 
何となく古物商という言葉は聞き慣れていた、という人でも意外と知らなかったことがあったかもしれません。古物商の世界は奥が深いですね。環境に配慮した”エコな”消費生活や、景気の低迷によるリーズナブルな消費生活がブームとなっていて、これからますます需要が高まると言われているリサイクル業界。独立したい!副業したい!という方はぜひ古物商を検討してみてはいかがでしょうか。

 
 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn