古物商許可申請を行政書士に依頼するメリット

公開日:  最終更新日:2017/02/10

古物商を一念発起し開業されようとしている方、事業拡大で新たに古物商の分野に展開されたいと考えてらっしゃる方等、色々いらっしゃると思います。

多くの方は、WEB上で色々調べてらっしゃると思います。

その結果、このサイトにたどり着い方もいらっしゃるでしょう。

WEBサイトでは、「簡単に取れる」といった表現も少なくはなかったと思います。

では実際簡単なのかどうかという問いが浮かぶと思いますが、百人百様という表現が一番適切でしょうか。

簡単にできる人は簡単にできると思います。

特に、個人事業主で、自分だけで運用する場合等、非常にシンプルな申請になるので、行政に対する手続きが苦にならない方であれば、ご自身で申請にトライするのもありだと思います。

また、時間に余裕があってどんな手間も惜しまない方であれば、多少難しい申請でもご自身だトライするのもありかと思います。

しかし、例えば必要になる書類の身分証明書とか、登記されていないことの証明書について、今調べながらでも何かわからないような場合。また、タイムスケジュール的に切羽詰まっているので、立ち止まっている時間がない。そういう方は、行政書士等の専門家を活用することを強くお勧めします。

当然古物商許可を扱う行政書士は、申請の数をこなしていますので、タイムスケジュールの組み方、必要な書類の確認、欠格事由の該当の有無の確認、選択すべき品目のピックアップ、行商許可の必要の有無等、本来であれば自身でWEBや資料、場合によっては警察に問い合わせしなければならないようなことも、即座に対応しているところがほとんどです。

また、法人に至っては、必要な資料が膨大になる。定款の目的変更が必要になる可能性がある等、これについても行政書士であれば、即座に対応しているところがほとんどです。

確かに、自身で完結されれば、ほぼ19000円のみの出費で済みます。

が、それ以上に手間が掛かることが嫌な方や、タイムスケジュール的におしている場合等は、積極的に外部の力を借りることも、決して損なことではないと思います。

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn