古着でがっちり!「衣類」で古物経営勝負をする際のポイント3つ

公開日:  最終更新日:2015/01/11

古物商の世界では「どんな商品(古物)を扱うか」が重要ですよね。
今欲しい!と思っている人が多い商品を満足する値段で提供しなければなりません。そのためにはトレンド感や値段の相場を熟知しておくことが重要。仕入れの際の”目利き”も必須能力の1つです。
そう考えると、自分の趣味や得意な分野の商品(古物)で勝負をするのが得策。あなたは13種類の古物(美術品類,衣類,時計・宝飾品類,自動車,自動二輪車・原動機つき自転車,自転車,写真機類,事務機器類,機械工具類,道具類,皮革、ゴム製品類,書籍,金券類)のうち、何で勝負をしますか?
「そうは言っても精通している分野なんて無い……」そんなあなたのために、今回は比較的トレンドを掴みやすい「衣類」についてポイントを3つご紹介します!
  
■ポイント1:トレンドを掴む
衣服の売れ行きはトレンドに大きく左右されてしまいます。また、流行のサイクルが早いことも特徴の1つ。毎年季節ごとにファッション雑誌をチェックしたり、街に出てトレンドをつかむことが重要です。
流行にはサイクルがあるため、「次の流行の準備」としてトレンドでないものを仕入れることも1つの手ですが、いつ巡ってくるか分からないトレンドの服を抱えるよりも、今期・来期のトレンド品を仕入れる方が効率的かもしれませんね。
  
■ポイント2:カテゴリー別・年代別に商品を分けて仕入れ・販売する
買い手の年齢層は設定していますか?より幅広く、多くの人に買って欲しい場合は、年齢層別に整理して販売するのがコツ。分かりやすい分だけ買い手の「見てみようかな」という興味をひくことができます。また、商品がごった返していると欲しいものを探す気分になれませんよね。ネットでも、店頭でも、販売する場合はカテゴリー別に分類して欲しいものを探しやすい環境を整えましょう。
  
■ポイント3:セット販売やトータルコーディネートでがっちり
ファッションの分野で「お目当て」意外のものも手に取ってもらうためには、その服に「合う」小物や衣類をセットにしたり、トータルコーディネートを提示するとGOOD。組み合わせが気に入った場合はごっそり購入してもらえます。
「仕入れたらそのまま売り場に」ではなく、トレンドに合わせたコーディネートを紹介することで他の”古着屋さん”との差別化もはかれますね。

  
いかがでしょうか。
工夫次第では「衣類」の古物ビジネスをぐんぐん発展させることができそうですね。衣類の分野に強い場合はぜひ挑戦してみてください!

  

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn