2015長野県警察駒ヶ根警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

長野県駒ヶ根市と、上伊那郡の飯島町、中川村、宮田村に古物商の営業所を設置する場合は、駒ヶ根警察署で古物商許可申請をします。

 

駒ヶ根とは?

駒ヶ根とは、長野県の南部にある市の名称です。駒ヶ根(こまがね)の歴史は古く、名称の由来は木曽駒ヶ岳(本岳)です。但し、木曽駒ヶ岳は当市の市域にはありません。また、自治体の名称としては木曽郡上松町のかつての名称が駒ヶ根村でした。いわゆる平成の大合併では、駒ヶ根と飯島町、中川村と合併して「中央アルプス市」になる構想がありましたが、住民投票で否決されました。地理的には伊那谷の中央にあり、天竜川沿いの河岸段丘にあります。中央アルプス(木曽山脈)と南アルプス(赤石山脈)をの2つのアルプス山脈の眺望が望めるためキャッチフレーズに「アルプスが二つ映えるまち」としてアピールしています。現在、駒ヶ根警察署が立地するのは天竜川右岸の旧赤穂町域であり、当地の行政の歴史を辿ると、明治8年(1875年)に伊那郡赤須村と上穂村が合併して赤穂村となったことが起源です。翌年の明治9年(1876年)に長野県の所属となります。3年後の明治12年(1879年)に郡区町村編制法が施行され、上伊那郡となりました。さらに3年後の明治15年(1882年)に一部が分立して下平村となっています。明治22年(1889年)の町村制施行では、赤穂村と下平村の区域で村制を施行し「赤穂村」となりました。昭和15年(1940年)に赤穂村が単独で町制を施行し赤穂町となります。戦後になった昭和29年(1954年)に赤穂町が宮田町、伊那村、中沢村と合併して市制を施行し「長野県駒ヶ根市」となりましたが、2年後の昭和31年(1956年)に旧宮田町の大字宮田が分村して上伊那郡宮田村となっています。

 

駒ヶ根警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR飯田線の小町屋駅です。出口正面ロータリー前を通る路地を右方向へ出ます。線路を渡って、「小町屋簡易郵便局」を左手に見ながら250mほど進んで国道153号線と交差する突き当り丁字路の「赤穂小学校前」信号を右折します。国道153号線(三州街道)を「赤穂小学校」を左手に見ながら400mほど北上した「警察署入口」信号を左折。100mほどの右側、「国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所」の対面です。徒歩で10分です。
担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

駒ヶ根警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒399-4114 長野県駒ヶ根市上穂南8番1号
電話:0265-83-0110
http://www.pref.nagano.lg.jp/police/keisatsusho/komagane.html

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

古物商許可申請の書類作成申込
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書類作成サービスをご利用ください!
\n

 

  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn