古物商の許可申請と免許取得までの期間等

公開日:  最終更新日:2017/02/10

●許可申請の窓口は?

古物商の許可申請は、営業所の所在地を管轄する警察署が窓口となります。

管轄警察署については、東京都の場合、
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kankatu/kensaku.htm
ここで調べることが可能です。

その他の自治体の場合、最寄りの警察署に直接問い合わせれば、教えてくれます。

古物商の許可申請後は、管轄警察署から、許可、不許可の連絡があります。

●古物商許可申請にかかる費用は?

古物商許可の申請手数料は19000円です。

古物商許可申請時に、納めることになります。

尚、申請の取り下げ、不許可といった場合でもこれは、返還されません。

●申請から免許取得までの期間は?

古物商の許可申請は、申請に行ったその日に受けることができるものではありません。

先述のとおり、古物商の許可申請は、管轄警察署に行います。

その後、書類は各都道府県の公安委員会で審査されることになり、これに最短でも約40日程度日数がかかります。

ただし、この期間はあくまで行政で審査される期間のみです。

この他、申請書類(下記)を取得、作成する期間は含まれていませんので、開業スケジュールには、注意が必要です。当然のことながら、この古物商許可を受ける前に、営業することは違法行為となります。

●申請書類(個人の場合)

1. 古物商許可申請書
作成が必要になります。

2. 住民票の写し
居住する市区町村役場で取得できますので、これはすぐに取得できると思います。

3. 身分証明書
本籍地の市区町村役場で取得できますが、遠方の場合、郵送で請求することになるかと思います。おおむね2週間程度期間を要します。

4. 登記されていないことの証明書
各都道府県の法務局本局で取得できますが、遠方の場合、郵送で請求することになるかと思います。おおむね2週間程度期間を要します。

5. 経歴書
作成が必要になります。

6. その他
営業形態等により、必要書類が異なりますが、作成が必要な書類が上記の他にも発生する場合があります。

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn