古物商とは?

公開日:  最終更新日:2017/02/09

古物営業には3つの種類があります。

 

一つは、古物市場主です。これは、古物商同士の売買や交換のための市場を開くための許可です。

 

次に、古物競りあつせん業者です。これは、ヤフオクなどのようにインターネット上でオークションサイトを運営するのに必要になる許可です。

 

そして、古物商です。これが、自分で古物を売買する際に必要になる許可となります。

 

古物商は、古物の「売買」、「交換」、「委託を受けて売買」、「委託を受けて交換」を行う営業を行う者と、古物営業法では定められています。

 

ここでまず注意しなければならないのは、「古物」というものの定義です。

 

一度使用されたものは古物となるのは言うまでもありませんが、新品であっても、原則的に、一度使用される目的で売買されたものは、古物として定義されます。また、それらを修補して販売する場合も同様に古物の売買となります。

 

なお、以下古物商の許可が不要な取引について触れたいと思います。

  • 自分が使っていたが、不要になったので処分したい古物の販売
    (ただし最初から転売目的で購入した物の場合は許可が必要。)
  • 無償で譲り受けた古物の販売
  • 小売店などで購入した新品の転売
  • 自分が海外で買ってきたものを売る
  • 業として古物を販売しない場合
    (営利目的でなく、また継続的に販売しない、偶発的な取引に際しては、古物商の許可は不要です。)

 

これらの例外を除いて原則として、古物を売買する場合には、古物商許可が必要となりますので注意が必要です。

 

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn