古物商を開業するにあたって必要な費用

公開日:  最終更新日:2017/02/09

古物商を開業するにあたって必要な費用についてですが、基本的には、古物商許可申請に必要な印紙代19000円さえあれば、開業可能です。

ただし、それに付随して、営業所を確保しなければならない場合、その敷金・前家賃等が一つかかってくるものとしてあげられます。

古物商の許可申請を受けるためには、古物商としての営業を許可された物件のみとなります。

例えば、公団住宅などで、物件が住居専用と使用用途が定められている場合、新たに事務所を借りる必要が出てきます。

よって、これを段取りするために必要な経費は別途計上しなければなりません。

尚、許可取得までは、約2か月程度かかりますので、その間は営業せずに家賃だけの支払いが発生してしまうことも頭に入れておかねばなりません。

その他考えられるものとしては、WEBサイトでのみ営業するという方法があると思いますが、前出の物件の使用用途の問題さえクリアできるのであれば、レンタルサーバーやショッピングシステムなどは現在かなり安価で利用可能ですので、仕入れ費用は別として。10万円もあれば容易に開業できていしまいます。

 

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn