仕入れに困っている人必見! 古物商が活用したい「ネット」での仕入れ法

公開日: 

これからの時代は「古物商がクル!」と言われています。
エコや環境にやさしい生活志向で”中古品”が注目を集めていることや初心者でも手軽に出品できるオークションやフリマツールが増えたこと、古物商はとても取得しやすい資格だということやフリーランスとして独立する人が増えていることなどを考慮すると、今後も古物商を始める人が増えると予想されます。
ただし、経験の少ない最初のうちはなかなかうまくいかないのも事実。「許可は得たけれど、古物市場に行ってもなかなか仕入れが充実しない」という人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、副業で古物商を営んでいる人や初心者の人が取り入れたい仕入れを効率的にするコツをご紹介します。
 
■ネットオークションを活用する
「古物を扱うお店や古物市場に行くのは休日だけ」これではなかなか仕入れをスピーディーに行えませんよね。そんな場合におすすめなのが「ネット」で仕入れを行うこと。今やネットで私物をバイバイするツールはあるれるほどあります。スマホで簡単にフリマに出品することもできますし、ヤフオクなどでは多くの人が使わない私物を売りに出していますよね。平日や隙間時間を使ってこれらのページにアクセスすれば、いつでもどこでも仕入れを行うことができちゃいます。
 
■狙いたいのは「オークション」
なかでも狙い目はヤフオクなどのオークションサイト。とにかく出品されている品数が多く、種類が豊富なため、狙っている商品を探しやすくておすすめです。ただし、人気の製品は高値がつきますし、皆が出品している”要らない人気が高い”ものは仕入れてもうまく売れない可能性があります。仕入れの際にはターゲットを絞り、売れる商品を効率良く買い取ることが重要です。
自身が古物商として扱う分野が決まっている場合はその分野の商品を狙えばいいですね。毎日ちょこちょこ覗くことで、どの商品がどの程度の値段で売り買いされているのかを知ることもできます。市場動向を掴めば「これなら仕入れていい」というカンをつかめるようになりますよ。
分野を絞っていない場合や初心者の場合はカメラのレンズや電子機器を狙うのがおすすめ。需要があり、仕入れても売れないという悲劇を避けやすいですし、新しい製品が発売されるとたちまち価値が下がってしまうため”早く売りたい”人や”今すぐ欲しい”人が多いのが嬉しいポイント。ただし、オークションサイトでの競争率も高いため、最初のうちは動向をチェックして相場を見定めましょう。
 
いかがでしたか。
平日でも、古物市場に足を運ばなくても、いつでも・どこでも仕入れは可能。ぜひインターネットを活用して古物ビジネスを加速させてくださいね。

 
 

許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn