古物商なら知らなければならない「古物市場」の存在

公開日:  最終更新日:2015/05/25

古物商を始めることを考えている人なら一度は抱く疑問の1つに「古物って、どこで手に入れればいいの?」があると思います。
古物をどこから仕入れてきて、どうやって営業をするか、シュミレーションはできていますか? 古物商許可を申請しても、売る古物が無ければ販売を始めることは不可能。まずは古物を仕入れる「古物市場」に精通する必要があります。
 
 
■「古物市場」って何?
「古物市場」とは、古物の世界の”会員制市場”のようなもの。リサイクルショップに併設されている倉庫のような場所で古物商たちが集まり、仕入れを行う市場です。
古物市場に入るためには古物商許可証が必要で、会員登録をしなければ利用できない場所も多いです。大型の電化製品などもかなり激安で手にいれることが可能。相場感覚を磨いておけば、古物市場で仕入れたものをヤフオクで売るだけでもかなりの利益をあげることができます。もちろん、相場を勉強する必要はありますが……。オークション形式で入札が行われるため、積極性も必要です。
 
 
■古物市場の見つけ方
会員制が多いため、古物商を行っている人に紹介してもらう、というのが手っ取り早く効果的な方法です。どんな品物が揃っていて、どのくらいの相場なのかを調査することもできますね。初心者の場合は誰かに相談することをおすすめします。最初は誰でも慣れないもの。その場に精通している人に情報をもらうのが一番です。
もちろん、自分で古物市場を探し、会員登録をしに足を運ぶのも有効な方法。全国各地で古物市場が開催されていますが、売っているものや訪れる古物商も場所によってことなります。人とのつながりや商品知識を増やすためにも、いくつかの古物市場を経験することをおすすめします。その場でしか手に入らないものもたくさんありますからね!
 
 
■商品GETの道も、人脈も、開くのは自分
古物に精通した人が友達にいる、というラッキーな人ならば話は別ですが、最初から古物についてよく知っている人も、精通した知り合いがいる人も少ないですよね。
まずは自分の足を使って情報を集めましょう。リサイクルショップに出向いて店員に話を聞いてみてもいいですし、今ならインターネットを活用して同業者を探すことは容易です。まずはさまざまな情報を交換できる仲間づくりをするのが成功のコツ。これはどんな業界でも言えることではないでしょうか。
もうすでに古物商として活躍している人がいれば、これから進むべき道を決定するための情報収集をすることが可能。「そのうち始めたい……」と思っていても、急に始められるものではありません。その気があるのなら、今すぐ行動に移してみてはいかがでしょうか。

 
 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn