古物商のプレートについて

公開日:  最終更新日:2017/02/10

古物商のプレートは、正式には標識と呼ばれるものです。

●大きさ
縦8cm横16cm

●材質
金属やプラスチック等の、耐久性のあるもの。よって紙などはNG。

●色
紺色背景に白文字で記載

●記載しなくてはならない事項1 許可証の番号
古物商の許可を受けた際に交付される許可証の番号の記載が必要となります。よって、許可を受けるまでは番号はわかりませんので、許可の事前に準備することができません。

●記載しなくてはならない事項2 古物商許可の取扱品目

美術品類、衣類、時計・宝飾品類、自動車、自動二輪車及び原動機付自転車、自転車類、写真機類、事務機器類、機械工具類、道具類、皮革・ゴム製品類、書籍、金券類

この13種類の中から取扱品目を決めて許可申請を行います。そして許可を受けた取扱品目を記載しなければなりません。中には複数の取扱品目で許可申請する場合もありますが、その場合は、主として取り扱う品目を記載しなければなりません。

以下、取扱品目と表記方法をあげます。

【取扱品目】          ⇒⇒⇒ 【表記方法】
美術品類            ⇒⇒⇒ 「美術品商」
衣類              ⇒⇒⇒ 「衣類商」
時計・宝飾品類         ⇒⇒⇒ 「時計・宝飾品商」
自動              ⇒⇒⇒ 「自動車商」
自動二輪車及び原動機付自転車  ⇒⇒⇒ 「オートバイ商」
自転車類            ⇒⇒⇒ 「自転車商」
写真機類            ⇒⇒⇒ 「写真機商」
事務機器類           ⇒⇒⇒ 「事務機器商」
機械工具類           ⇒⇒⇒ 「機械工具商」
道具類             ⇒⇒⇒ 「道具商」
皮革・ゴム製品類        ⇒⇒⇒ 「皮革・ゴム製品商」
書籍              ⇒⇒⇒ 「書籍商」
金券類             ⇒⇒⇒ 「チケット商」

ご覧になってわかるかと思いますが、自動二輪車及び原動機付自転車は「オートバイ商」、金券類は「チケット商」と、取扱品目と表記方法が異なるものがありますので、標識作成の
際には注意が必要です。

●記載しなくてはならない事項3 古物商の氏名又は名称
法人の場合は、法人の正式名称、個人の場合や許可者の氏名(屋号は認められていません)の記載が必要です。

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn