フリーマーケットに出店する場合と商品を購入する場合の注意点とは?

許可申請の回答
フリーマーケットに出店する場合の注意点ですが、まず主催者(開催者)の決めた搬入・搬出の時間は厳守すること。これは最低限のマナーです。また、取扱説明書や保証書等が残っていれば付けて販売すること。売残りの商品やゴミはきちんと持ち帰る。他の店舗から買った商品を再販することはタブーとなります。
フリーマーケットへの申込みの仕方は、主催者へネット、電話、FAX、はがき、封書等で申込みます。すると参加規則等の書類と出店を許可する出店許可証が送られてきますので、出店料を支払います。出店希望者が多いと、先着順や抽選となる場合も多いようです。当日の現場では、主催者側指定のブースで店を開きます。出店と退店時に騒音を出したり違法駐車をしたりして周辺の住民に迷惑をかけないよう気を付けるのはいうまでもありません。値付けは儲けを優先させるよりも、お客さんが買いやすい分かりやすい値段(500円、1000円など)にしたほうがよいでしょう。
一方、フリマで商品を購入する時の注意点として、子供のおもちゃやベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシート等の子ども用品は、壊れていないか安全性をきちんとチェックしましょう。古い商品の場合は安全基準が現代と違う場合もありますし、ペンキ塗り直したおもちゃなどは幼児が口に入れる可能性がありますので十分に確認します。もし品質や使い勝手やのチェックができるものはその場で行ってください。電気製品は買う前に通電チェックをしてみるのが大切です。
 高級ブランド品は、コピー商品(贋ブランド)が売られている可能性がありますので気をつけください。高価なものを購入する時やサイズや使い勝手がその場で確認できないものを購入する時は、トラブルを防止するために相手の連絡先を聞いておきましょう。
もしいいものを買いたいと思ったら、早めに行かないとなくなりますので品ぞろえも豊富な午前中がおすすめです。一方、掘り出し物を安く買いたい場合は売り切るために値下げして売られ場合が多いので閉店間際がおすすめです。

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

  • 古物商許可申請支援

    古物商の必要書類

    免許取得までの期間

    古物の取得費用

    ビジネス成功クラブ

    古物商許可のお客様の声

    古物商お役立ち情報

    行政書士 新日本総合事務所概要

    古物商許可申請書お申込み

    古物商許可のよくある質問

     

    古物

    古物許可

    0円

    ウェブサイト

    古物商開業資金融資

    リサイクル補助金

    会計

    事業計画書

    プライバシーマーク

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    nrtn